gonsampoのブログ

健康のために、いろいろ考え試す日々のブログです

ヴィーガン食とビタミンB12

ヴィーガン食を続けると心臓病、大腸癌、高コレステロール血症、脳梗塞など様々な病気になりにくいそうです。

調べてみると、メリット、デメリットいろいろな意見があるようですが。

メリットは上に挙げたような病気を予防できることでしょう。

ではデメリットは何かと言うと、栄養素が不足する心配があるようです。特に動物由来の食物を避けるとビタミンB12コバラミン)を摂取するのが難しいそうです。

ビタミン類のサプリメントを販売している会社の情報では、ビタミンB12は水溶性で赤血球の生成を助け、神経機能を正常に保つために働くようです。

具体的な食材では、(1日当たりの必要量)豚のレバー約10g、あさり約1個。

これくらいの量なら簡単に摂取できそうですが、動物性なのでダメでしょうね。

植物性のものでビタミンB12を含有している物を探してみましたが、少ししか見つけることはできませんでした。

日本で普段食べている物では海苔くらいです。椎茸と書いてある記事もありましたが、椎茸を育てて販売している会社やWikipediaの情報ではビタミンB12の含有量は残念ながら0%でした。

日常見かけない物ではニュートリショナルイーストという単細胞性の菌類から作られるスーパーフードとテンペというインドネシアの発酵大豆食品の記事がありましたが、ビタミンB12を添加しているだけのようでした。それなら、サプリメントを摂取するのと同じでしょうね。

日本人は海苔を消化する酵素を持っているそうなので、海苔から栄養を摂取できるだけ恵まれているかもしれないですね。

ビタミンB12について色々調べている時に、ビタミンB12が不足すると悪性貧血になるかもしれないという記事を目にしました。かなり怖いですね。祖父は再生不良性貧血で亡くなっているので、関係あるかどうかは不明ですが、ビタミンB12を積極的に摂取しようと思います。

姉や妹にも勧めないと。姉妹みんな学生時代はいつも貧血検査で引っかかっていましたから。妹と私は今も注意されますし。

数年前の検査の時、「赤血球が小さいから、水分をもっと取るように。」とか、医師から言われて、困惑しました。私は普段あまり水分をとらないので。水分をとって、赤血球が大きくなるとも思えないですけど。水分を摂るとどうなるのでしょう?高校時代に学んだ生物に出てきた浸透圧やら溶血を思い出します。

下書きが2回も保存されず消えてました。なので、今日はここまでにします。消えるとかなりショックです。